効率良く発電する方法

葉っぱ

期待されているバイオマス

太陽光発電を住宅の屋根の上やプラントを組んで発電をして、電力会社に買取ってもらうことはよく知られていますが、太陽光発電だけが再生可能エネルギーという訳ではなく、他のエネルギーを使っても発電した電気を買取ってもらうことができます。太陽光以外にも再生可能エネルギーには、風力や地熱や水力などがあり、その中でも注目されている再生可能エネルギーの発電方法にはバイオマス発電があります。再生可能エネルギーの多くは、設備の大きさに対して発電量が少なかったり、発電量が安定しなかったりするのがマイナス点としてあります。地熱を得るためには広大なスペースに長い配管を通さなければならず、太陽光は日中の晴れた時にしか効率良く発電することができません。一方、バイオマス発電は木材のくずや農業の残さ、または家畜の排せつ物などを安定して得ることができれば、それほど広くない面積のプラントで効率良く、日夜問わずに発電をすることができます。バイオマス発電は、ただ原料を燃やして発電するだけでは効率が悪いので、原料に応じて燃えやすくして発電効率をあげるように前処理を行うことが通常です。原料が木材がメインであれば、木質ペレットという小さい固形状に固めることにより燃焼効率を高めるとともに輸送がしやすくなるメリットもあります。また、家畜の糞尿がメインであれば、発酵させて主にメタンなどのガスを発生させることで燃焼効率を高める方法があります。

Copyright© 2018 ガラパゴスやフルイ機の魅力とは【効率的に資源をリサイクル】 All Rights Reserved.