年々普及が進んでいます

エコ

固定買取制度が一役

再生可能エネルギーというとまっさきに太陽光発電を思い浮かべる人が多いですが、再生可能エネルギーで利用できるものには太陽光の他にも風力や水力や地熱、それに動植物などの生物資源であるバイオマスをエネルギーにするものがあります。再生可能エネルギーを使って発電することが今では最もメジャーですが、太陽光を使ってお湯を作ることも再生可能エネルギーを活用することにもなります。しかし、再生可能エネルギーを活用する大部分は発電になっていて、利用するエネルギーも太陽光を使うことが多くなっています。再生可能エネルギーは火力や原子力のように資源の枯渇を心配する必要がありませんが、現状では発電に要するコストが高いのがネックになっています。世界的には再生可能エネルギーを普及させようと試みていますが、コストが見合わないことから商業的には普及が難しい現状があります。そこで日本では再生可能エネルギーの固定買取制度を設けて、発電した電気を電力会社が買取ることを国が約束することによって普及を促進することにしています。買取価格に関しても高めに設定されていて、この費用に関しては電気を利用している人々によって支えられています。この制度によって主に太陽光発電の普及が進んでいて、この5年で全発電量のうちの5%程度となり、2倍以上になってきています。買取価格は年々下げられていますが、普及によって発電設備の建設コストが下がり、発電効率もあがってきているのでさらなる普及が見込まれています。

Copyright© 2018 ガラパゴスやフルイ機の魅力とは【効率的に資源をリサイクル】 All Rights Reserved.